居抜きオフィスのメリットについて説明します

居抜き物件ですが、店舗の場合は、様々なメリットがあるようです。前の方が同じ業種や店舗の種類の場合は、什器類、備品類などをほぼそのまま使うことができるため、開店にかかる費用を大幅に減らすことができます。また、以前の業種と同様の店であれば、前店の認知度をそのまま活用することができるメリットがあるようです。最近は、店舗だけでなく、オフィスの居抜き物件、つまり、居抜きオフィスも見かけるようになりました。居抜きオフィスでも、店舗と同様のメリットを得られるのでしょうか?費用面でのお話と、その他の面でのメリットについて記載したいと思います。このことを知っておくことで、オフィス移転を考えておられる方は、さらに良い選択肢を持つことになりますので、必見です。

居抜きオフィスは費用面でメリットあり

居抜きオフィスは、店舗の場合と同様、内装や設備などを既存のものを利用することが可能になりますので、何も手を加えない、もしくは、ご自分が必要と思う部分のみに手を入れる形になりますから、費用面で大きくコストダウンすることが可能になります。具体的な費用ですが、通常のオフィスですと、坪当たり10万~20万円ほどかかるところを、居抜きオフィスですと、2万~7万円で抑えることができるとの報告があります。居抜き物件は、入る時にだけメリットがあるのではなく、退去する場合も、メリットがあります。退去する場合に忘れがちなのが、原状回復工事費用です。こちらの費用はやはり、坪当たり数万円かかるとの報告がありますので、軽視せずにはおけない金額ですが、居抜きオフィスであれば、こちらの費用も掛からないことになります。

居抜きオフィスは場所的にも時間的にもメリットもあり

オフィスの移転で居抜きオフィスを利用できると、ほかにもメリットがあります。オフィスの移転にかかる費用を大幅にカットできるので、カットできた費用を新しく借りる物件に充てることができます。つまり、より立地の良い物件を借りたり、広いスペースの物件を借りることができます。立地によって、オフィスの認知度が高まったり、信用を得られることにもつながるのはうれしいことです。また、居抜きオフィスですと、オフィスの賃貸契約を結んでから、実際の入居までの時間を短縮することができます。さらに、居抜きオフィスの場合、オフィス移転にかかわる物事が、工事の種類にしても、金額にしても少なくなります。さらに、原状回復工事の妥当性について交渉するということもなくなります。ですので、オフィス移転にかかる精神的な負担が減るというメリットもあります。