おススメの居抜きオフィスを紹介します

会社を移転する予定がある場合には、新しいテナントを探さなければなりません。新しいテナントが見つかれば、すぐにでも移動して仕事を始めたいのですが、引っ越しなどを考えると、連休などを利用して引っ越しをするしかありません。連休を利用するのは、他の会社に迷惑をかけないようにするためです。引っ越しは書類や倉庫に入っている荷物などかなり大規模になります。ですので、正式に業務を再開できるまでには、しばらく時間が必要になります。このように、引っ越しをする場合には、時間がかかってしまいますが、同時にお金もかかってしまいます。通常、新しいオフィスはスケルトン状態になっているかスケルトンではないとしても何も物がおかれていない状態になります。その場合にはレイアウトなども1から考えなければなりません。

居抜きオフィスを利用する時のメリットとは

この点、居抜きオフィスを利用するという方法もあります。居抜きとは、前のテナントの借主が、設備や備品・造作などをそのままの状態にしていることです。前の借主が使っていた机や椅子、ロッカー、コピー機や電話などがそのまま残されているのが居抜きオフィスの特徴になります。すでにいつでも会社を始めることができるため、居抜きオフィスを利用すれば業務再開までにはそれほど時間がかからないというメリットがあるのです。また、居抜きオフィスには設備や備品が置いてあるので、新たに購入しなくても良いのです。中古でオフィスに必要な物を購入するよりも、ある物をそのまま使った方がより安くなります。内装もすでにありますので、そのまま使うことで、出費を最小限にとどめることができるというわけです。

居抜きオフィスとレンタルオフィスの違い

居抜きオフィスにとても似ている物にレンタルオフィスがあります。レンタルオフィスとは、すでにテナントにオフィスに必要な机やテーブル、ついたて、電話、コピー機などの備品や設備などがおかれています。これにより、人間と必要最低限業務に利用する物を持ってくれば良いことになります。すでにテナントの中に必要な物が置かれているという点については共通します。ですが、レンタルオフィスと居抜きオフィスの決定的に違うところが一つあります。それは、設備や備品・造作が借りているものなのか、それとも自分の物なのかの違いです。レンタルオフィスは借りている物になりますが、居抜きオフィスは自分の物になります。もちろん、入居する前に購入しなければならない物もありますが、無償で譲り受ける物も混ざっています。